【PR】

増大サプリを検証!本当に増大するのか気になっている人必見!

増大サプリを検証

増大サプリの検証結果が気になっている・・・と考えていませんか?

増大サプリという気になるサプリが販売されているけど、検証した内容をチェックしてみたいと思っている人も多いかもしれません。

世の中にはどれくらいの数の増大サプリが出回っているのでしょうか?

興味がほとんどない人が想像しているよりは、はるかに多くの増大サプリが存在しているのは間違いないぐらいに、色々な増大サプリが氾濫しているのが現実です。

当然ながら、増大効果の高いモノからほとんどないモノまで、玉石混交の世界でもあります。

決して安いモノではありませんから、出来るだけ効果の高い安全な増大サプリを使用したいものです。

ではどのような基準で、効果的で安全な増大サプリを選ぶべきなのか?

そのキーポイントは、「検証可能性」という言葉にあるのです。

検証可能性1 増大サプリに含まれている成分が、増大に効果のある成分か検証出来るか?

増大サプリである以上、言うまでもなく増大効果がまず得られるモノでなくてはなりません。

増大サプリの公式サイトで宣伝している、増大に効くという成分が本当に効くのかどうか、簡単に検証出来る必要があります。

もちろん公式サイトに、きちんとした説明やどうして増大に効くのか解説している場合もあるのですが、あくまで「宣伝」の一環です。

出来ればGoogle検索などでその成分について検索し、他のサイトでのその成分の説明や働きについて調べてみましょう。

特に医療関係者や大学などの研究団体、有名企業などの監修しているサイトで情報収集出来れば、かなり精度の高い情報、つまり公的な研究結果などを踏まえた情報が得られる可能性が高く、使用すべきか検証に値する情報を知ることが出来ます。

例えば、多くの増大サプリに配合されているシトルリン(L-シトルリン)の血管拡張作用による血流増大効果については、体内で生成する一酸化窒素がもたらすことや、アルギニン(L-アルギニン)などとの相互補完・相乗効果などが多くのサイトで確認出来ます。

つまり、血流増大効果に伴う勃起時のサイズアップには科学的根拠があることなどが、簡単に検証可能というわけです。

このような成分が入っている増大サプリは、使用価値がある増大サプリと言えます。

検証可能性2 増大サプリに含まれている成分の量が明示されているか?

増大サプリに配合されている成分の効果が、調べた上で十分に検証出来たとしましょう。

しかし、その効果がどれくらいあるかということについては、その成分の「能力」のみならず、どれだけの「量」が含まれているかということにも左右されるのは明白です。

効果の高い成分であっても、その効果が実際に現れる十分な量を摂取出来なければ意味がありません。

公式サイトで成分について触れている増大サプリであっても、配合量などがはっきりと出ていない場合があります。

逆にどれだけその成分が配合されているか、強調しているサイトもあり、その差は歴然としています。

もちろん、「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉もあるので、量が多ければ多いほど単純に良いというわけではありません。

ただ、通常考えられる限りは、増大サプリに配合されている成分で、健康に問題があるような量が配合されていることはあり得ず、基本的には配合量が多いほど効果が得られるという考えで良いでしょう。

配合量が検証出来る配合サプリは信用度が高いと言えるのです。

検証可能性3 増大サプリ「お墨付き」の配合成分かどうか?

『検証可能性1』で説明したことと部分的に関係しますが、増大サプリに配合されている成分の中には、その効果に公的な認証がされているものもあります。

例えば、増大成分そのものではありませんが、幾つかの増大サプリに配合され、増大成分の体内吸収を高める効果のあるバイオペリンという成分があります。

日本のみならず米国や欧州でもその効果について特許が与えられた、まさに公的機関に検証且つ認証された成分です。

つまり、ストレートにその効果にお墨付きが与えられた成分ですから、いちいち色々なサイトで念入りに調べる必要すらありません。

このような成分が含まれている増大サプリは、割と信用出来ると見て良いでしょう。

検証可能性4 製造時に「お墨付き」が与えられた増大サプリかどうか?

忘れがちですが、増大サプリはサプリという名前がついているように、「健康(補助)食品」という位置付けです。

医薬品ほど厳密ではありませんが、製造時には通常の食品同様、清潔で安全な工程を経て製品化されているべきなのは当然と言えるでしょう。

昨今、サプリ業界全体でその製造における安全性や品質を検証し、それらが検証されれば与えられるGMPという認証制度が盛んに利用されています。

一般的に増大サプリで認証されているGMPは、政府に認められた公益財団法人である「日本健康・栄養食品協会」が公的に認定している制度です。

GMPはGood Manufacturing Practiceの頭文字を取った略称で、「適正製造規範」つまり「ちゃんとした製造の仕方をしている」と認めるもので、原料の受け入れから製造出荷までの過程が、全て安全安心適正に行われているという証明なのです。

当然このような認証がされている工場で製造されたサプリは、安心して摂取出来るという検証がされているわけですから、増大サプリ自体の信頼性が増すことになります。

更に、より認定される難易度が高い、言い換えればより安全で高品質な製造を行っていると認められる、医薬品GMPという認証を受けている工場で製造されたと宣伝する増大サプリも出てきています。

品質の検証可能性はどんどん高くなっており、増大サプリ選択の際の基準としての利用価値も高まっているのです。

また、製品に放射性物質が含まれていないかを調査している増大サプリも増えており、安全という選択基準の検証可能性は更に広がってきています。

まとめ:増大サプリを検証

数多くの増大サプリの中から使用するものを選ぶ際には、増大成分の効果・質・量そして製造時の安全性を検証出来るかが重要である。

© 2024 【本物】ペニス増大サプリランキング!嘘じゃないおすすめ10選 Powered by AFFINGER5