【PR】

増大サプリは嘘ですよね?疑っているので調査してみました!

増大サプリは嘘

増大サプリは嘘じゃないのか・・・と悩んでいませんか?

短小で悩んでいる男性にとって増大サプリは救いの手ですよね。

というのも男にとって、自分の分身たるペニスの大きさは、ある意味最も男のプライドに関わる重大問題かもしれません。

だからこそ、数多くの増大サプリが開発販売され、それぞれの増大サプリの効果がネットのいたる所で宣伝されているとも言えます。

表に出にくい大きな需要が、ネット流通を中心にして多くの供給を作り出しているというわけです。

ただしそれらの宣伝は、増大サプリに興味関心のある方からすると「本当にこんなに効果があるのか」と半信半疑、場合によっては「嘘ではないか?」と感じてしまうことも多いようです。

確かに、宣伝文句によっては、誇大に感じたり嘘だと思われても仕方ないようなものも見受けられ、その効果の真偽の程が怪しい増大サプリもないとは言えません。

ここでは、増大サプリの宣伝や効果についての嘘と真(まこと)について、大まかに総論として説明していきたいと思います。

増大サプリの主要増大成分自体に嘘はあるのか?

まず重要なことは、増大サプリの増大効果をもたらす主要成分の効果については、基本的に嘘はないということです。

何故そう言えるのか見ていきましょう。

増大サプリには2大主流タイプがある

増大サプリ界においての増大効果をもたらす配合成分や増大システムの分類は、概ね2つに分けられます。

まず今もっともメジャーな増大サプリが、摂取して血流を増大させることで、勃起時のサイズアップを図るというタイプの増大サプリです。

血流増大タイプとここでは名付けてみます。

次に見られる増大サプリのタイプが、ペニス自体の成長をうたうものです。

これは成長促進タイプと名付けてみましょう。

これを前提に考えていきます。

血流増大タイプと成長促進タイプの配合成分の効果には、それぞれ論理性はある

まず前者の血流増大タイプについて。

勃起は、性的興奮や刺激により末梢血管が集合しているペニスの海綿体に大量の血液が流入し滞留することで、海綿体の膨張と硬化が発生して起こる現象です。

つまり血流が増大していれば、必然的に勃起時のペニスへの血流も増え、膨張度合いや硬度が高まるという図式です。

この手の増大サプリでは、血流増大効果(血管拡張効果)の高いシトルリンやアルギニンが主要成分として大量に配合されているのが定番で、それらが宣伝文句にもなっています。

当然科学的な根拠があるので、効果自体に嘘はないと言えるでしょう。

後者の成長促進タイプについてはどうでしょうか。

これは、勃起時関係なくペニスそのものを成長させるというもので、当然勃起時のサイズアップも得ようというものです。

どちらかというとこちらが増大サプリの王道のような感じもしますが、昨今は意外と少ない傾向にあります。

こちらのタイプの増大サプリは、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌促進を促す成分(サプリである以上、健康に問題があったり副作用があるようなものは当然ない)が配合されています。

第二次性徴などでも顕著ですが、思春期の大量の男性ホルモン分泌増加や成長ホルモン分泌増加は、事実としてペニスの急激な成長をもたらしてくれます。

つまり、論理的には全く問題なくペニスの成長に効果があると言えるのです。

また、どちらかのタイプの増大サプリであっても、量の多少によってはどちらのタイプにもそれぞれ血流増大成分や成長成分が含まれていることも多く、両方のタイプの増大サプリが、狙っている増大システムごとに完全に区別出来るというわけでもないことには、注意してください。

結論として増大サプリの主要増大成分には科学的根拠がある

いずれにせよ、増大サプリに配合されている主要な増大効果をもたらすとされている成分については、一定の科学的根拠があるものがほとんどで、全く何の根拠もなく「増大する」という嘘を付いている増大サプリは、まずないと考えて良いでしょう。

宣伝通りの増大効果が得られるかについては、嘘や誇張もあり得る

増大サプリは、配合されている主要増大成分に科学的根拠があるものがほとんどで、増大効果自体に嘘はない場合が多いことは説明しました。

では、増大サプリでよく宣伝されているような、具体的なサイズアップに嘘や誇張はなく、実際に誰にでも起きるのでしょうか?

まず重要なことは、薬品ではなく増大「サプリ」である以上、劇的な増大効果が短期間に起きることはまずないと言うことです。

このような短期間での強い効果を宣伝文句にしている増大サプリは、嘘や誇張がある可能性があります。

血流増大と言っても限度はありますし、成長期と比較して20歳以上になるとペニスの成長自体は緩やかですから、やけに調子のよい効果の具体例が載っているようなものにも注意が必要です。

ほとんどの増大サプリが3ヶ月から半年程度の数ヶ月に及ぶ継続使用を呼びかけており、それによって一定の増大の実感を得られるというものですので、使用する側もその意識は持っておく必要があります。

短期間で効果がないから「嘘」であるというモノではありません。

また、「~%のユーザーが満足」や「~の人気ナンバーワン」などのうたい文句もよく見られますが、これについてはあからさまな嘘はないとしても、あまり真に受ける必要はないと見て良いでしょう。

増大サプリはあくまでサプリ、つまり健康補助食品のカテゴリーですから、劇的な効果が短期間に得られることはなく、更に長期的使用においても、劇的に増大するということまでは期待出来ないというのが現実の結論かもしれません。

ただ、狙っている増大メカニズムには嘘は全くないので、増大においてプラスの方向に作用することは事実であり、使用し続けることはかなり重要だとも言えるでしょう。

増大サプリでもこの点を強調している製品が多くありますが、単なるセールスのためではなく事実と断言出来ます。

「継続は力なり」という言葉は、増大サプリにも該当するのです。

主要成分以外の配合成分についても注意

増大効果をもたらす主要成分については、一定の科学的根拠がある増大サプリがほとんどであるが、具体的な増大数値などについては個人差もあり、場合によっては嘘や誇張があり得る、というのがここまでの結論です。

その上で、増大サプリには主要な増大成分以外に、多くの精力増強や増大サポートをうたった成分が入っているケースが多くそれについても簡単に検証してみましょう。

滋養強壮や精力増進などについては、昔からの民間伝承のような形で効果があるとされているものも多く、モノによっては、嘘とは言えないまでも本当にそのような効果が得られるか「微妙」な場合も残念ながらあります。

いわゆる、暗示効果的なプラセボ効果の方が大きい場合もあるでしょう。

そういう意味で、多数のそのような成分が入っているからと言って、ものすごい効果を発揮してくれるかと言えば、嘘に近い場合も残念ながらあることは確かです。

ただ、増大サプリに入っているような成分は、基本的に健康にも資する成分がほとんどで、むしろ積極的に摂取すべきものもかなりあります。

例えば亜鉛や必須アミノ酸系の成分は、用量を守っている限りはむしろ取らなくてはなりません。

もちろん、通常の使用である限り、アレルギーなどの特殊な条件を除けば一般的な意味で害になることはないと言えます。

そういう意味では、増大サプリに配合されていて「損」な成分はないので、直接的な効果については、嘘に近いようなものであっても、マイナスになることはなく多くがプラスの作用ではあるというのが事実と言えるでしょう。

また主要成分系の血流増大成分や成長・男性ホルモン分泌促進成分も、普通に使用している限り、健康の維持に大きな役割を果たしてくれる点も忘れてはいけません。

まとめ:増大サプリは嘘なのか?

増大サプリの効果については、嘘や誇張があり得るが、主要増大成分は効果自体は検証されており、嘘があり得るとしてもそれは効果の「程度」の嘘である。

全体的に増大サプリの成分は、増大や精力増強に直接関係しないまでも健康に役立つものが多く摂取して損はまずない。

© 2024 【本物】ペニス増大サプリランキング!嘘じゃないおすすめ10選 Powered by AFFINGER5