【PR】

ザーメンとは?意味や語源、由来を徹底紹介しています!

ザーメンとは、意味語源由来

ザーメンとは何・・・と考えていませんか?

「これがザーメンなのかな?」と思っても、はっきりとした意味や語源は分からないという男性も多いかもしれません。

 

ザーメンって何

エロ本や官能小説、あるいはアダルトビデオなどを見ていると、ザーメンという言葉を見たり聞いたりしたことがあるはずです。

一体ザーメンという言葉が何を意味しているのか、語源や由来は何なのか知りたいという方もいるでしょう。

ここでは、そのザーメンの意味や語源及び由来について調べてみたので、興味のある方はご覧ください。

 

あと、ペニスを大きくするポンプというものがあるのですが色々調べた結果、より効果が期待できるものばかりを集めてみましたので興味のある方は、

⇒ ペニス増大効果おすすめランキング

をチェックしてみてくださいね。

 

吸引力で大きくする働きが凄いですよ!ザーメンとは直接関係ありませんが(;^_^A

では、ザーメンの続きをどうぞ。

ザーメンとは?意味や語源を解説

ザーメンの意味語源由来を解説

ザーメンとは精子を意味するドイツ語を語源や由来とする言葉となっています。

結論から言ってしまうと、ザーメンの意味は精子や精液のことです。

 

ちなみに、ザーメンを大量に出したい方は、早漏を改善する必要があります。なぜなら、早漏の人は興奮が極限まで高まる前に射精してしまうからです。

もし、早漏で悩んでいるのでしたらAV男優直伝の早漏改善法というテクニックがありますので興味のある方はご覧くださいね。

 

話が逸れてしまいましたが。

基本的にどういう場面で使われているか考えれば、確信出来ないまでも大方の人は想定は出来るでしょう。

ザーメンはドイツ語で基本的には「種子」の意味ですから、ドイツ語を語源や由来として、エロの世界でほぼ日本語化している言葉と言えます。

精子は日本語でも「子種」などと昔は呼ばれていましたから、元々は種子を意味するザーメンという言葉が精子の語源や由来となり、そのまま意味だけ転化して精子=ザーメンとなった構図は、我々日本人にもわかりやすいかもしれませんね。

ちなみにドイツ語のつづりでは、「SAMEN」です。

ローマ字や英語読み的には「サーメン」と呼びたくなりますが、ドイツ語でSは基本的にザジズゼゾ発音になるので、現地発音でもザーメンと読みます。

 

それと、あなたは完璧なちんこの計り方をご存知でしょうか?『そういえば、どこから計るのが正解なのか・・・』と思っている方は、ちんこの長さの測り方を紹介していますので興味のある方はどうぞご覧ください。

 

ザーメンの色

ザーメンの色について紹介していきます。

ザーメンの色

ザーメン(精子)の色は正常の場合は『白』もしくは海外の表現では灰色となっています。

しかし、体調や病気を患っていると色が異なってきます。どういった色に変色するのか表で紹介していきます。(男性クリニックで紹介されていた表です。)

 

白や灰色黄色オレンジピンク
正常
食事
尿が混入
性感染症
激しいHやオナニー

通常のザーメンの色は、白や灰色となっています。

ここで注意しなければならないのが性感染症などです。性感染症でザーメンに膿が混入すると黄色や緑色になることがあります。

表のような色に近いと感じたら女性とのHは控え、男性クリニックなどで診察してもらうことが重要です。

 

あと、肝臓に何かしらの症状が出ている場合は、黄色っぽくザーメンの色が変色します。病院で検査してもらう事が大切です。

最後に、激しいHやオナニーをしていると血がザーメンに混入する場合があり、色がピンクや赤といった感じになります。初めて見た時は『ドキ!』とするかもしれません。

僕も一度ザーメンに赤い液体が混ざっていた時は、本当に驚きました(;^_^A

体調や体の症状によりザーメンの色は変色しますので、日ごろから注意してみておくことも大切です。

ザーメンの匂い

ザーメンの匂い

ザーメンの匂いは、一度嗅いだことがある人なら分かると思いますが、青臭いやイカ臭いといった表現がピッタリでしょうか?

独特とした感じの匂いですよね!

 

例えば、日常でも同じような臭いを嗅ぐことがあります。

竹藪の近くを歩いている時、新芽が多い茂っている森や山を通った時、焼イカを食べている時など^^

あなたは言葉にはしないとですが「あ!ザーメンと同じ匂いだ!」と思っているはずです。

本当にビックリするくらい日常でもザーメンの匂いを嗅ぐことができますね。

 

ザーメンの味

ザーメンの味

ザーメンの味は男性よりも女性の方がよく知っていると思います。

人それぞれ味覚が異なるため、色々な感想があるようですが、ザーメンの味は『苦い』『しょっぱい』『甘い』らしいですよ。

ただ、正確にはザーメンにはアルギニンという成分が含まれており、一般的には『苦い』『生臭い』という味となっています。

 

アルギニンというのは、増大サプリや精力サプリに含まれている有効成分で、ペニスを今よりも大きくしたいと考えている人は積極的に摂ってもらいたい成分なんです。

大量にザーメンを出したいと考えている人はアルギニンが豊富に含まれている増大サプリを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

⇒ 増大サプリブラビオンSの口コミや効果の詳細はこちら

 

あと、ザーメンの味は体調やストレス、食べ物などにも影響しているので、もし彼女が「いつもと違う味だ・・・」と言って来たら身体検査など受けてみてはいかがでしょうか?

何か体の不調を発見できるかもしれません。

 

ザーメン以外の精子や精液を意味する言葉は?

ザーメン以外の精子の言葉

ザーメンは精子という意味でありましたが、またスペルマという言葉を聞いたことはないでしょうか?

実はこれもドイツ語(つづりはSPERMA)であり、精子や精液を意味する言葉なんですね。

ただ、ザーメンがやや俗っぽい表現なら、スペルマは医学用語としても用いられるという違いがあります。

ところで、「Sはザジズゼゾ発音なら、こっちは本来ズペルマ読みじゃねえのかよ?」と文句を言われそうですが、実はドイツ語で語頭のSPはシュ+パピプペポ活用と発音するルールもあり、ドイツ語上正確には「シュペルマ」と呼ぶべきなので念の為。

それにしても、精子や精液を意味するザーメンやスペルマという、ドイツ語由来や語源の言葉が、なぜ日本でアダルト系の標準語化したのかには諸説あります。

1つの仮説としては、日本の医学界ではドイツ語が数十年前まで標準語として利用されてきたからかもしれませんが、正確なところははっきりしません。

一方で、我々が普段外来語としては一番親しみのある英語では、精子を意味する言葉は何でしょうか?

答えを言ってしまうと、「SEMEN」で、発音的にはシーメンと呼びます。セーメンではないので注意してくださいね。

英語で種子は「SEED」でシードと呼びます。

つづりがやや似ているので、ザーメン同様、シード(種子)がシーメン(精子や精液)の語源や由来となっているような気がして調べてみると、やはりSEの部分には「種をまく」という意味があるようで、シーメンもザーメン同様、種子関連の言葉を語源や由来としていると見て良さそうです。

とは言え、こちらは、残念ながらアダルト業界以外でもほとんど見ない表現ですので、日本ではザーメンに続いてスペルマという、精子表現2強体制と言えるかもしれません。

まとめ:ザーメンとは?意味や語源、由来を徹底紹介

ザーメンはドイツ語のSAMENを語源や由来としており、ザーメンは第一の意味としては種子を指しAVでは「精子や精液」となります。

よくAVで表現されていますが、これでザーメンの意味や語源、由来がハッキリしたのではないでしょうか?

どうしてドイツ語のザーメンがAVで使用されているのか分かりませんが、スッキリしましたね。

同様に精子の意味で使われるスペルマもドイツ語を由来や語源とする言葉でありますので参考にしてみてください。

© 2024 【本物】ペニス増大サプリランキング!嘘じゃないおすすめ10選 Powered by AFFINGER5